読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ウチのコークは世界一」

綾瀬はるか満島真之介がまあ絵になる。

二人だけの時間はめちゃくちゃ充実している。

そこに欠かせないのがコーク。

どんな場面でも二人の間にはコークが並ぶ。

グラスが二つの時も、一つの時もあるが中身はいつも決まっている。

そして綾瀬はるかが言う。

「ウチのコークは世界一」

最後にハートマークまで見えそうなくらいである。

 

かわいいかわいい彼女にこう言われると、

そうだろう、そうだろう、とつい思ってしまう。けれど。

なんかひっかかってしまう。

何に?

「ウチの」にである。

確かにあの二人のあの時間、あの空間で飲むコークは最高だろう。

うまいに決まってる。

「ウチの」とは「ウチ(家)で恋人と飲む」って意味なんだから。

 

例えば、友達の家に行った時。

「喉乾いたでしょ。さあさあ、これ飲んでみて。

ウチのコークは世界一だから」

と言われても

『はあ?』となるわけで。

 

それでも、なんか「ウチの」って表現がなんか気に食わないのである。

たとえ綾瀬はるかが言っていてもなのだ。

なんかイラッとしちゃうのだ。

 

だから考えた。

続編というかパロディというか、「ウチのコークは世界一」シリーズ。

一つ目は「ウチ」と言えばあの人、

そう、安田美沙子である。

それこそイライラさせるCMになりそう。

「ウチ(私)のコークは世界一」

即『はあ?』となるはずだ。

 

二つ目も「ウチ」と言えばあの人、

そう、「うる星やつら」のラムちゃんである。

こっちは絶対かわいい。

「ウチのコークは世界一、宇宙一だっちゃ。ね、だーりん?」

 

さて、炭酸水でも飲むか。